EDの症状に悩んでいる方にとって治療薬は大切な薬ですが、海外に持ち出すときは制限があります。
この薬は特殊なものでなければ普通の薬として扱われるため、飛行機に乗る時に持っていっても問題ないです。

海外旅行に行くときにED治療薬を持っていくことは合法で、問題を指摘されることはありません。
税関を通る時も特に問題は起こりませんけど、持ち込みの量が多い場合はチェックを受けます。
ED治療薬を飛行機に持ち込むことは個人利用であれば問題なく、特に制限を受けることはありません。
しかし大量に持ち込みをした場合は制限を受けるので、その点は注意がいります。

海外旅行に行くときは特定の日数外国に滞在しますが、滞在をする日数に合った量ならば問題ありません。
例えば一週間外国に滞在する場合は、その日数に合った数のED治療薬ならば普通に持ち込めます。
持ち込みの制限を受けるのは過剰に薬を持ち込む時で、その場合は税関でチェックを受けます。
税関では持ち込みの制限を決めているので、その量以上ED治療薬を持っていくと問題になります。
どの程度の量からが問題になるのかは国によって違いますが、常識の範囲内ならば問題ありません。
海外旅行をする時にEDの薬を持っていく時は、医師の診断書などの書類を用意すると上手く行きます。医師の診断書があればどういう薬なのかがわかりますし、税関でも薬について説明ができます。

この時に個人輸入で購入した薬の場合は、病院で買ったわけではないためそのままでは書類がありません。
個人輸入で買った薬を海外に持ち込む時は、一度病院に行って薬の書類を作ってもらうといいです。病院で作った書類があれば税関も通りやすくなるので、安心して海外旅行にいけます。
ED治療薬は特殊な成分が含まれたものでなければ、一般的な薬と同じ扱いになるため持ち込めます。問題になるのは多量に持ち込みをする場合で、個人目的ではないと判断されると没収されることもあります。

ED治療薬の商売目的での持ち込みは犯罪です

海外旅行をする時にED治療薬が必要な場合は、外国で使う分の量を持っていって利用します。
個人目的で使う分を外国に持ち込むことは合法なので、多量に持ち込みをしない限りは問題ありません。
しかし販売目的で多量に持ち込むと犯罪行為になるため、十分な注意が必要です。販売目的は知り合いに無料であげる場合や、何らかの対価と交換で渡す時も販売とみなされます。

売る事を目的にしてEDの持ち込みをするには、正規の手続きをしていれば犯罪にはなりません。
しかし法律に基づいた手続きをしていないと犯罪行為になるため、最悪逮捕される可能性があります。

EDの薬は価値の高いものが多いですから、外国から安く買って国内で売れば良いお金になります。
そういうことをついやってしまう方もいますけど、外国から販売目的で薬を買うのは犯罪なので逮捕されます。
ED治療薬は本人が使う場合はただの薬ですが、販売目的で利用する時は規制の強い商品に変わります。
海外旅行で手持ちの薬を多めに持っていくことや、外国で買った安い薬を大量に持ち帰ることは犯罪です。
多量の薬を持ち込むと税関でチェックをされて、そこでもし正規の手続きをしていなければ捕まります。薬を処分すれば処罰されないこともありますが、逮捕されて裁判にかけられる可能性もあります。

ED治療薬の持ち込みは厳しい規制があるので、多くの量を持ち込む時は気をつけるべきです。
常識の範囲内の量ならばトラブルになりませんけど、明らかに量が多い時は減らしたほうが安全です。
商売目的でED治療薬を持ち込むことは規制が強く、特別な手続きをしなければいけません。手続の方法は国によって変わりますから、よくわからないならば少なめに持っていくといいです。

おすすめ記事