バイアグラ・レビトラ・シアリスに続く第4のED治療薬は、韓国の東亞製薬が2005年に販売を開始したザイデナです。
現在までにロシアやフィリピンなどでED治療薬として承認されていて、30カ国以上に輸出されている新しいED治療薬です。

有効成分はウデナフィルというものです。
これはバイアグラの有効成分シルデナフィル、レビトラの有効成分バルデナフィル、シアリスの有効成分タダラフィルと同じように、PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを抑制する成分です。
勃起の妨げとなるPDE-5の働きを阻害することで、ペニスへの血流を促し、勃起を持続させます。

ザイデナの薬としての持続力は12時間以上と長いため、バイアグラよりも使い勝手の良いED治療薬となっています。
また食事の影響もバイアグラほどは大きく出ないため、いろいろな場面に応じて使用できるものとなっています。
軽い食事であれば効果に影響はないという点で、また持続力が長いという点で、シアリスとザイデナはED患者に優しい治療薬であるといえます。

このザイデナが注目される理由の一つは、このED治療薬が東亞製薬という韓国の製薬会社によって開発されたということです。
バイアグラなど欧米で治験された先行ED治療薬とは違い、ザイデナは韓国人被験者による臨床実験を経て商品化されました。
その結果、ザイデナは韓国人の体質に最も合うED治療薬として登場したわけです。実際、韓国では発売後2年間で、バイアグラに次ぐ第2位のシェアを獲得しました。

体格・体質が韓国人に近い日本人にとっても、ザイデナのほうがバイアグラなどよりも向いていることが推測できます。
体験談などでも副作用が気にならなかったという日本人の感想は多く、アジア人のED治療薬という見方にはかなりの真実味があると思われます。
バイアグラは効きすぎて、副作用も強く出るが、ザイデナはマイルドで副作用も少ないというのが多くのアジア人の感想です。
このような理由で、ザイデナはアジア人男性向けのED治療薬として少しずつ地歩を固めています。

ザイデナの副作用は?安心安全か確かめよう!

ザイデナは薬です。副作用の可能性があります。どのような副作用があるのか見ていきましょう。
ザイデナの成分ウデナフィルの効果は血流をよくすることですので、血流がよくなることにともなう副作用があります。

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 眠気
  • 鼻づまり
  • 視覚障害

視覚障害が現れた場合、ものが青っぽく見えるようになります。
頭痛、顔のほてり、鼻づまりはED治療薬が効いていることを示す典型的な副作用です。ペニスの血の流れだけを良くすることはできません。
血管全体が拡張することで、ペニス内の血流もよくなりますし、頭痛やほてり、鼻づまりを引き起こします。
ウデナフィルの効果が現れると、ある人は脳内の血管拡大による頭痛を、またある人は鼻の奥の血管拡大による鼻づまりを感じるようになります。特に体の不調としては感じない人もいます。

血流がよくなることで引き起こされる副作用は、バイアグラを始めとするすべてのED治療薬で現れるものです。
ただしこれは、今説明したとおり、薬が効果を発揮していることの証明だともいえます。ザイデナ使用者でも、理論上このような副作用から逃れることはできません。

ところが実際のところ、ザイデナの副作用は感じなかったとレビューする日本人はかなり多くいます。
やはりどこかアジア人向けになっているという意見が散見されます。日本でも徐々にザイデナの人気が高まっている理由の一つが、副作用が少ないためであることは明らかです。
マイルドな効果と少ない副作用が売りのザイデナ。
バイアグラなど先行ED治療薬を使用すると、副作用が気になって行為に集中できないような人にとっては、ザイデナは一度試してみる価値のあるED治療薬です。

おすすめ記事