ED(勃起不全)の中には、性行為の途中で陰部が萎えてしまう中折れも含まれています。
というのも、中折れになってしまうと満足のいく性行為ができなくなってしまうためです。そして中折れの原因には、飲酒と喫煙も深く関係しています。
お酒はほんの少し飲む分には問題ありません。性行為の前に緊張してしまい、中折れしてしまう場合には、アルコールの作用で緊張がほぐれる可能性があります。
また、アルコールには血管を広げる作用もあるため、勃起が起こりやすくなる状態になります。

しかし、過度にお酒を飲んでしまうと、今度は神経伝達が鈍くなり、性欲も抑制されてしまいます。
性欲が感じられないと勃起は起こらないので、EDの原因となってしまいます。
また、EDを治療する薬を飲んでいる場合、薬にも血管を広げる作用があるため、血管が広がりすぎて低血圧になる恐れがあります。そのため、お酒はできるだけ飲まないようにします。

一方喫煙の場合、中折れと深い関係性があります。タバコに含まれるニコチン・タール・一酸化炭素が、勃起に悪影響を及ぼすためです。
ニコチンは依存性のある物質で、神経伝達に深く関わります。ニコチンが入ると神経伝達が遅くなり、性的刺激をしっかりと性器まで伝えることができなくなってしまいます。
また、ニコチンには交感神経を刺激し、血管収縮を促進する働きがあります。血管収縮してしまうと血液が通りにくくなり、勃起が起こりにくくなってしまいます。
タールは活性酸素を減らすビタミン類を壊してしまう働きがあります。活性酸素が増えると血管が傷つき、血流の悪化につながります。

一酸化炭素は血液内に入ると、酸素を運ぶヘモグロビンとくっつきやすくなる傾向があります。
一酸化炭素とヘモグロビンがくっついてしまうと、酸素を十分に運ぶことができず、血中酸素濃度は低下します。
血中酸素濃度が低下すると、細胞に十分な酸素を届けることが難しくなってしまいます。そして血流も悪くなり、勃起不全の原因となります。
タバコに含まれる成分の多くは、勃起に必要な機能を抑制する働きがあります。中折れを防ぐためにも、お酒とタバコはできるだけ控えるようにします。

EDにならないための生活習慣とは?

EDは血流や神経の状態と深い関係性があります。そして血流や神経を整えるためには、日ごろの生活習慣を見直すことが重要です。
EDの原因の一つとして、性器にある血管を十分に広げられないことが理由として挙げられます。そこでまずは、血管の状態を良い状態にすることが大切です。
日ごろの食事でコレステロール・糖分・脂肪が多いと、血管内に余分な成分が増え、血管壁が傷つきやすくなります。
すると血管が固くなる「動脈硬化」が起こり、性行為の時に十分に血管を広げることができなくなってしまいます。また、血管内に余分な成分が多いと血流も悪くなります。

EDの原因の中には、神経伝達に異常がある場合もあります。神経の伝達には、疲労やストレスが大きく関係しています。
疲労やストレスが増えると、自律神経に負荷をかけます。そして負荷が多くなりすぎてしまうと、自律神経のバランスが崩れ、心身の様々な部分に悪影響が出ます。そのため、疲労やストレスを改善することが重要となります。

ストレスを改善する方法としては、良い睡眠、適度な運動が重要です。睡眠は心身の疲労を改善する働きがあります。
睡眠が不足しているとストレスの原因になるため、十分に睡眠はとるようにします。
適度に運動すると、神経のバランスが整えられ、ストレスも軽減されます。また、運動すると筋肉が活発に動き、血液の流れも良くなります。
ただし、過度の運動は疲労につながるため、最初は簡単なところから、徐々に自分の状態に合わせて身体を動かしていきます。

このようにEDを予防するためには、生活習慣病にならないような生活、すなわち血管を傷つけないような食生活、適度な睡眠と運動が重要となります。
一方お酒やタバコは体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。規則正しい生活を心掛け、お酒やタバコは控えめにすることが重要となります。

おすすめ記事