ED治療薬シアリス個人輸入がお得!?

男性にとってEDと診断されることは、肉体的にも精神的にも大きなダメージを受ける辛い症状です。
EDとは、勃起不全・勃起障害と呼ばれる症状で、性的興奮を感じても全く勃起しない状態の他、勃起して硬さや維持期間が十分でない状態も含まれます。
EDと診断される定義としては、「満足を得られる様な性交渉が行えない状態」です。EDの症状の中で最も多いケースは、膣に挿入後に中折れをしてしまう、性交渉中に途中で萎えてしまう、といった症状です。
このような状態では、パートナーも満足させてあげられず精神的にも大きな影響を与えてしまいます。

EDを改善させるためには、ED治療薬を使用するのが効果的であり、最近では余裕を持って治療が行える新薬が登場しており、それが「シアリス」です。
ここでは、新しいED治療が行えるシアリスについて、その特徴・効果やお得な購入方法について詳しくご紹介します。

ED治療薬シアリスの驚くべき効果とは!?

「シアリス」とは、タダラフィルと呼ばれる有効成分が配合された内服タイプの治療薬です。日本で認可されているED治療薬は、シアリスの他に有名なものも含め2種類ありますが、その3種類の中で最も新しい薬です。
シアリスは、ヨーロッパで開発された治療薬で、2002年11月に承認されて以来、世界100か国以上で使用されています。
これまでにシアリスを利用したことのある人は世界で1,000万人以上ともいわれており、これは2013年時点で世界シェアの40%以上に達したことになります。
日本でも2007年7月に承認され、9月から販売が開始されました。以来、新しいED治療の選択肢として、このシアリスが利用されるようになっています。

シアリスは、既に販売が開始されている2つの治療薬とは特徴が大きく異なります。
治療薬の元祖であるバイアグラは、服用後約1時間で勃起効果が現れ、その状態が約4時間~5時時間継続します。服用後1時間程度で勃起状態に達することから即効性がある薬と言えます。
次に開発されたレビトラは、バイアグラよりも更に即効性があり、服用後約20分で勃起状態に達します。

一方シアリスは、服用から勃起状態に達するまでに3時間程度かかる遅効性の薬です。そのため、性交渉をする数時間前には服用しておく必要があります。
しかし、勃起効果が現れると、その状態を最大で36時間も効果が持続させることができるという大きな特徴があります。そのため、海外では「ウィークエンドピル」という別名で呼ばれることもあります。

タダラフィルには、ED治療の他に肺動脈性肺高血圧症や、前立腺肥大症による排尿障害などの治療薬としても利用されており、薬名を変えて販売されているものもあります。
日本ではタダラフィル5mg・10mg・20mgの3種類の規格で承認されており、配合量によって効果の継続時間が異なります。
その持続時間は、10mgで約20時間~24時間、20mgで約30時間~36時間となっており、性的刺激を受けることで勃起状態を作り出すことができます。

食事の影響を受けにくい

シアリスのその他の特徴としては、食事の影響を受けにくいという点が挙げられます。他の2種類の薬は、食事の影響を受けやすいため、服用する前と服用後30分程度は食事を控える必要があります。
胃の中に食べ物が残った状態で服用しても、食べ物が有効成分の吸収を阻害してしまうからです。
シアリスの場合、800kcalまでは食事の影響を受けないとメーカーが発表しています。800kcalというと、成人男性の1回の食事量とほぼ同等(18歳~49歳が880kcal、50歳~69歳が800kcal)です。
800Kcalの目安となる食事には、フライドチキン約3本、カレーライス1杯、生姜焼き定食など、かなりの量の食事となります。
従って、シアリスは食事をした後に服用しても、勃起効果はしっかりと得られるということになります。
ただし、食事の影響を受けないと言っても、食事前と食事後に服用するのでは体内への吸収率は多少異なり、やはり食事までの空腹状態の方が吸収率が高く効果も早めに訪れるため、できれば空腹状態で服用するのが望ましいです。

満足のいく性行為の重要性

シアリスの登場によって、従来の治療薬のように、性交渉を行うであろうタイミングを見はからって服用したり、有効成分の効果が無くなる前に性交渉を終わらせないといけない、などの焦りやプレッシャーなどを受けることが無くなり、自分のタイミングで性交渉をすることができるようになりました。
性交渉は自然の流れで行うものであり、そこに性的刺激が無いと満足のいく性交渉はできません。
従来の薬のように、持続時間が数時間である場合、その気がなくてもしなくてはいけないという義務のようなものになってしまいがちです。これでは女性も満足できないでしょう。
その点、シアリスならば時間にとらわれることが無いので、2人の愛を深めてから性交渉を行うことができ、しっかりと効果を持続させてくれます。
そのため、自分も満足できるほか、女性にも満足を与えることができるのです。

シアリスを通販で個人輸入したほうが安いって本当?

シアリスはED治療で使用する場合には、自由診療となるため保険の適用外となります。ED治療自体が自由診療であるため、診察代・薬代共に自費で支払うようになります。
また、シアリスを購入するためには、医療機関で医師の診断を受けなければなりません。従って、ドラッグストアで簡単に購入することはできないのです。

シアリスの薬代としては、10mgが1錠で1,700円(税込)、20mgが1錠で1,800円~2,000円です。シアリスは、自由診療なので薬代が決まっていません。
従って、取り扱うクリニックが自由に薬代を決めることができ、クリニックによって価格に差が生じます。なお、5mgはクリニックでも扱っていないところも多いです。
他の2種類の薬代と比較してみると、バイアグラは、25mgが1錠1,300円、50mgが1錠1,500円、レビトラは10mgが1錠1,500円、20mgが2,000円(共に税込)となっています。これが日本で正式に購入した場合の価格となります。

バイアグラ、レビトラとシアリスの価格を比較してみると、バイアグラよりは多少高くなりますが、レビトラとはほとんど変わらないことが分かります。
1錠で1,700円~2,000円というと薬にしてはとても高く、毎日継続服用する薬ではないにしても、性交渉の度に使用するとなると負担になる可能性が高いです。
ただ、シアリスは効果が持続する時間が長いので、他の治療薬よりもリーズナブルでもあります。

日本におけるシアリスの正式購入方法は、医療機関で診察を受けて処方してもらう方法で、その際には薬代の他に診察代も掛かるため高額になりがちです。
そこで多くのEDで悩む代性は、個人輸入代行業者の通販サイトを利用してシアリスを購入しています。

日本で流通しているシアリスは、日本の医薬品メーカー1社で販売を行っており、処方箋が無いと購入できません。
一方、海外で利用されているシアリスは、主にインドの大手製薬会社が製造しているジェネリック薬であり、医師の処方なしでも購入が可能です。
そのため、薬自体も安価であり更に診察代が掛からないことから、多くのEDで悩む男性が利用しています。
ジェネリックとは、先発医薬品(新薬)の特許期間が終了した後に、同じ有効成分・同じ効果を持たせて製造された安価な薬を指します。
先発医薬品では、有効成分に関する研究などで莫大な費用が掛かることから、薬代が高くなっています。しかし、ジェネリックの場合は既に有効成分や効果に関する研究は必要ないため、リーズナブルな価格で販売することができるのです。

個人輸入代行はどれくらいお得?

個人輸入代行業者から、こうした海外産ジェネリック薬を通販サイトで正規に購入することができます。
現在、インドで製造されているシアリスジェネリックは数種類あり、それぞれが異なる製薬会社が製造しています。
どのジェネリック薬も、シアリスと同じ有効成分のタダラフィルを配合しており、同等の効果と持続期間を得ることできます。
気になる薬代はというと、最も高い種類で1錠525円~となっており、最も安い種類では1錠190円~という価格で購入が可能です。
シアリスも通販サイトにて処方箋無しで購入が可能ですが、それでも安くなって1,451円~です。
このように、ジェネリック薬は1錠数百円という破格の価格で購入することができるので、経済的負担も軽くなり、性生活を充実させることができます。

更に、個人輸入代行業者を利用することで、薬局の薬剤師に処方箋を渡す必要が無くなります。
これにより、第三者にED治療薬を購入したことがバレることが無くなり、プライバシーが保たれます。男性にとっては自分がEDであることを、なるべく第三者には知られたくないものです。
そのため、プライバシー保護の面においても個人輸入代行業者の通販サイトを利用する人が増えています。

悪質サイトに気をつけろ!個人輸入代行業者の注意点

シアリスを利用する際には、個人輸入代行業者からジェネリック薬を購入することで、同じ成分・同じ効果を持ったED治療薬を使うことができ、他に医師の診察代なども掛からないのでおすすめです。
ただし、個人輸入代行業者に依頼する場合には、利用する業者が信頼できるか注意する必要があります。
最近、こうした個人輸入代行業者を利用する人が増えたことで、通販の悪質サイトが増えているからです。
利用者が素人であるのをいいことに、本物と言って堂々と偽物を販売しているところもあり、こうした悪質サイトから購入したことで、本来ならば起こりえないようなリスクを被る可能性があります。
実際に、個人輸入で購入した医薬品によって健康被害を受けたという事例が増加しており、厚生労働省も注意喚起をしています。

注意しなくてはいけないのは、個人で購入する場合だけではありません。最近では、あるED治療の専門クリニックにおいても海外製のシアリスジェネリックを使用しているという情報があります。
クリニックでもシアリスのジェネリックを入手するには、個人と同様に輸入代行業者に依頼して取り寄せることになります。
そのため、いくらクリニックで「正規ルートで取り寄せている」と説明しても、必ずしも安全とは言えないのです。

なぜ、海外製は皆ジェネリック薬なのかというと、この特許は日本だけでなく国際特許であり、その特許期間はまだ終了を迎えていないからです。
また、以前のインド特許法では、物質特許が認められていなかったため、国際特許が有効であるにもかかわらず、様々なジェネリック薬が製造されていたということが背景にあります。
現在は、特許法が改正されていますがそれでもなお作られ続けているのです。

偽物を見極めるポイント

様々な種類のジェネリック薬が作られていると、中には偽物も含まれている場合があります。
正規のシアリスには薬に「C20」と刻まれていますが、偽物には「20」「C100」「C50」などと刻まれているものが見つかっており、これらは身体へのリスクが高くなります。
悪質サイトでは、こうした偽物を本物だと偽って販売しているため注意が必要となります。
悪質サイトではない、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶにはどうすれば良いかというと、次の点に注意して選ぶと効果的です。

薬代の相場
信頼できる業者のサイトでは、正規のシアリスでも10%~20%ほど安く購入することが可能です。
しかし、この相場よりも安価である場合には、偽物の可能性が高いので注意が必要です。
リピーターの数
個人輸入を利用する場合には、誰しも信頼できる業者に依頼したいと考えます。
そのため、リピーターが多い業者は、実際に利用した人たちが「また利用したい」と思った証拠でもあります。
口コミの数
実際に利用した人の評価は、自分がこれから利用するにあたり大きな参考材料となります。
特に口コミで高評価を得ている個人輸入代行業者は少ないので、すぐに見つけられるでしょう。口コミで高評価の多い業者には、それだけリピーターも多いです。
プライバシーに配慮しているか
ED治療をしているということは、男性なら誰でも知られたくないでしょう。
良心的な業者であれば、発送する際に配達業者や家族などに中身が分からないよう、伝票の記載内容やパッケージにも配慮してくれます。
また、より安全に受け取ることができるよう、配達場所を自宅以外に設定できるようになっている業者もあります。

このようなポイントを踏まえて個人輸入代行業者を選ぶと、悪質サイトに引っかかることもなく、安心して、しかも通常よりも安く購入することができます。
良心的な個人輸入代行業者を利用すれば、診察代や処方箋代などが掛かることがなく、より安く購入することができるため、ED治療にも前向きになり、充実した性生活を送ることができるようになるでしょう。

おすすめ記事